【コロナ】貧困問題について勉強会をしました!

 コロナ分科会では,コロナ危機が引き起こす人権問題・社会問題を学んでいます。今回は,貧困問題という切り口で勉強会を行いました。

  
 まず,コロナ危機は,経済的危機として非常に深刻です。リーマンショック以上のダメージを経済に及ぼしています。
 多くの人々が「補償なき自粛」を強要され,収入を絶たれています。今後解雇が一層増加すると言われていますが,そうなれば生活は立ちゆかなくなってしまうでしょう。また,住まいを会社に依存している労働者も多いので,雇用の危機は住まいの危機でもあります。政府は,雇用調整助成金や持続化給付金等の対策を打ち出していますが,手続の点でも支給額の点でも問題があり,十分であるとは到底言えません。

 
 さらに深刻なことに,コロナ危機は,単なる経済的危機にとどまらず,社会の連帯をも妨げています。
 リーマンショックの時は,派遣村という形で,貧困の可視化と人々の連帯が可能でした。しかし,コロナ危機においては,人々は「ステイホーム」により家に押し込められ,誰にも相談できず孤立しています。DVや虐待の危険にさらされるという点も,単なる経済的危機と異なります。政府は相談ダイヤルを設置したり,弁護士や支援者も電話相談に奔走したりしていますが,実態を把握しきることは困難です。支援者と出会うことができず,このまま貧困への滑り台を下ってしまう人が,数多く出てしまうかもしれません。

 

 電話相談には,「コロナになってもならなくても死ぬ」という悲痛な叫びが寄せられているそうです(雨宮処凛「コロナになってもならなくても死ぬ」〜国へ緊急要望書提出〜)。事態の深刻さに,言葉を失ってしまいます。

記事一覧に戻る
single.php
TOPへ