7月集会概要

開催スケジュール
7月・9月にリアルタイム又はオンデマンドで配信予定
詳細は各テーマのページ・SNS等でお知らせします!

実行委員一同ごあいさつ

「7月集会」とは,法曹の卵である司法修習生が主催する社会問題・人権課題をテーマにしたシンポジウムです。

その歴史は古く,前身である「1月集会」等も含めると,かれこれ30年以上の歴史があります。法曹養成制度が現行のものとなった新60期から「7月集会」という名称になり,毎年京都で開催されています。そして,本年度もまた,全国各地の第73期司法修習生有志が実行委員となり,「第73期7月集会」を開催します。

「第73期7月集会」のコンセプトは,「知らなきゃ,始まらない。」です。法曹の使命は,社会の病気を治療・予防することにあります。そうであれば,法曹の卵である私たち修習生も,社会が現に患っている社会問題・人権課題から目を背けることはできないはずです。しかし,実際には,ニュース等で話題になっている問題であっても聞き流している。かつての私たちがそうであったように,そのような人もいるのではないしょうか。

私たちは縁あって社会問題・人権課題に関心を持つようになりました。しかし,修習生の全員が全員そのような機会に恵まれているわけではないとも思います。

そこで,私たちは,一人でも多くの人々に,現在進行形で起こっている社会問題・人権課題を「知って」,問題解決に向けて自分なりの一歩を踏み出すきっかけを提供したい。そのような思いを込めて,「第73期7月集会」を企画しました。

さて,本年度は,新型コロナウイルス感染症の流行に鑑み,6月プレ企画は中止した上で,「7月集会」本番も,全テーマ,オンライン上にて開催します。詳細は,各テーマのページをご覧ください。会場開催を楽しみにしてくださっていた方には,大変申し訳ございません。私たちも,皆様と直接お会いすることが叶わず,大変残念に思っております。

しかし,できなくなったことばかりではありません。オンラインにはオンラインの良さがあります。私たちは,オンライン最大のメリットである「参加のしやすさ」を生かし,一人でも多くの方にぜひ参加して頂きたいと思っております。参加してくだされば,必ず得られるものがあります。ぜひご友人もお誘いの上,参加していただければと思います。

本年度のテーマは,「選択的夫婦別姓」「引きこもり問題」をはじめとする全11テーマです。緊急テーマとして,「コロナと人権課題」も取り上げます。まずは,各テーマのページもご覧いただき,興味を持ったテーマからお気軽にご参加ください。

修習生・法曹・法曹志望の方のみならず,一般の方のご参加も大歓迎です。当日の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

73期7月集会実行委員一同

各会の詳細

TOPへ