表現の自由

2019年は、表現の自由が社会的な話題になるような事件が非常に多く発生した象徴的な年でありました。司法試験を受験した、あるいは司法試験を受験しようとしている皆さんは、そのようなニュースに触れるたびに、憲法21条1項が保障している表現の自由について考えたことだと思います。
そんな中、愛知県で行われていた国際芸術祭であるあいちトリエンナーレの一つの企画展「表現の不自由展・その後」の展示内容をめぐって、ネット上で政治的な争いが発生し、反対派が愛知県に多くの電凸行為・脅迫行為を行った結果、表現の不自由展・その後は中止に追い込まれました。展示の中止をめぐっては、国内外問わず多くのアーティストが講義の意思を表明し、国内でも表現の自由や美術展のあり方をめぐる議論が活発になされました。
そこで、表現の自由分科会では、あいちトリエンナーレ検討(検証)委員会の委員を務められた京都大学大学院法学研究科教授である曽我部真裕先生を講師としてお招きし、表現の不自由展をめぐって生じた憲法上の問題点を解説していただき、みなさんで表現の自由(特に芸術的な表現活動の自由)について考えようと企画しています。
表現の自由は、受験生であれば当然おさえておくべき重要な法分野でもありますし、修習生になって憲法から離れてしまったという方も、改めて憲法の重要分野について考える機会になると思いますので、ぜひ気軽にご参加ください!

記事一覧に戻る
single.php
TOPへ