テーマ一覧

9月プレ企画

ヘイトスピーチ解消法施行から5年、戦後最悪と言われている日韓関係の中、日本に住む在日コリアンに対するヘイトスピーチが苛烈を極めています。 最近では、インターネット上の差別言動への対応が大きな課題となっております。
私たち、司法修習生フォーラムでは、そもそも、ヘイトスピーチとはどんなものか、日本ではどのような被害が起きているのかを、京都朝鮮学校襲撃事件を中心に掘り下げていき、参加者の皆さんとヘイトスピーチをなくすためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

ヘイトスピーチ解消法とは?
ヘイトスピーチにより、被害者が「多大な苦痛を強いられるとともに、当該地域社会に深刻な亀裂を生じさせる」とし、「差別的言動は許されないことを宣言」する(同法前文)。
同法の成果として、ヘイトスピーチの害悪性が公的に認められことや、行政の対応の肯定的変化が挙げられる一方、刑事罰がない理念法であることや、インターネット対策が不十分であることから、その実効性が問題視されている。

京都朝鮮学校襲撃事件とは?
2009年12月4日、昼休み中の京都朝鮮第一初級学校(日本の小学校に相当)に、突如日章旗を掲げた「在特会」メンバーが押し掛けた。
「北朝鮮のスパイ養成機関!」「朝鮮学校を日本から叩き出せ!」「なにが子供じゃ!」「スパイの子供やないか!」
当時校内には150人もの生徒がおり、その怒声を聞き、何人もの子供が泣きじゃくった。街宣は一時間もの間続いた。

pdf  ヘイトスピーチ.pdf